top of page
  • Writer's pictureShiritori

日本語でエストニアの有名な作家の本をある!

狂人と呼ばれた男―あるエストニア貴族の愛と反逆』

クロス,ヤーン【著】〈Kross,Jaan〉

内容説明

「皇帝の友人」ティモテウスは、ある日突然狂人とされ長期の獄中生活を強いられる。釈放後、いったん亡命を図るが翻意して国内に留まり、やがて謎の死を遂げる…。19世紀前半のロシア帝国を舞台に、皇帝に単身挑んだ青年貴族の数奇な運命と純粋な生を、緻密な心理描写を織り込んで綴る歴史ロマンの傑作。


11 views0 comments

Recent Posts

See All

この記事は上手に書かれていると思います。 "エストニアの電子政府は、新型コロナウイルス対策のロックダウン下でも正常に機能した。スウェーデンと比較して人口当たりの死亡者数が10分の1以下であるのは、エストニアの医療システムが正常に機能したことを示すものだろう。" >記事リンク https://news.yahoo.co.jp/articles/0c77613d959672658ab06e68f357

Post: Blog2_Post
bottom of page